読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OS X Snow Leopard から OS X Mountain Lion へのアップデート

流しのプログラマをしている女子高生(27)は無職で暇なので
雪豹にお別れを告げて山獅子を飼うことにしました。

Mountain Lion のインストールから開発環境を整えるまで

  1. Apple Store で OS X Mountain Lion を購入して DL and Install
  2. https://developer.apple.com/downloads/index.action DL and Install
  3. $ sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/

上の手順に至った背景 → https://gist.github.com/e8d7f7672d55ae02b2d3

FreeMindをインストール

PowerPC アプリケーションはサポートされなくなったため、アプリケーション”FreeMind.app”を開けません。」

検索すると ”FreeMind活用クラブから配布されているFreeMindは古いバージョンです” とある。 FreeMindをダウンロード してインストールして /Applications/ 配下に追加。

起動しようとするとエラーが表示されるが、調べたところセキュリティが厳しくて使えていないだけなので、以下の手順で許可する。

  1. システム環境設定 > セキュリティとプライバシー
  2. 「すべてのアプリケーションを許可」
  3. FreeMindを実行

これで立ち上げることができる。
セキュリティの設定は戻しておいた。

gimpが使えない

なんと Mountain Lion は自分でX11入れなきゃいけないらしい。

リンク先からダウンロードしてインストール

  • http://xquartz.macosforge.org/landing/

    • XQuartz-2.7.4.dmg
      • そしてgimpを開く!
      • X11指定しろって言われた…どこに入ったの…?
  • そもそもgimpを Mountain Lion 用にしなきゃいけないらしい。

  • 起動する。起動中画面がきれいな感じ。 -- 起動後も画面が黒背景になっていてかっこいいし気が散らない。

  • タスクにX11じゃなくgimpと表示されるのが良い。
  • ⌘Qすると固まるのでメニューから落としている。バグかな。